Why organic

Aroma select consulting

 

 

現在世の中には様々なものが精油、アロマ、として流通しています。

価格もブランドも様々でもちろん中身の品質も様々。

同じラベンダーという名前で数百円で販売されているものもあれば、二〜三千円で販売されているものも。

一概には言えませんが、安価に流通しているものには、合成香料が添加されていたり、アルコールや溶剤などで薄められている、ということも実際に発生しています。

 

では一体どれを選んだらいいのか、何が正解なのか、何を信じたらいいのか、良くわからない。そう感じている方は少なくないと思います。

 

まず一番に信じるのは、「自らの感覚」です。香りを嗅いだときの違和感や詰まる感じなどはただの気のせいではなく何かのサインです。心から心地よいと思うものだけを選び取るようにしましょう。

生物として、自分の〈直感〉を無かったことにせずきちんと掴み取ることは何においても大切ですね。

 

ただ本来の精油を嗅いだことが無い、または少ない場合、その違和感や違いを明確に感じ取ることは難しいことも。

その場合ひとつの手がかりとして活用できるのが「オーガニック認証」となります。

100%植物由来です、ということは実際にそうであろうとなかろうと自由に言うことができます。

100%natural という表記も然りです。

しかし「オーガニック認証」を表記するためには、第三者機関による査察・審査が必要となります。

栽培が有機農法であるか、だけではなく、その後の抽出やボトリングなど製造過程における工場体制、原料や製造記録の確認、さらに環境への配慮など多岐にわたる項目をクリアしたもののみが認証を得られます。

そうして第三者による確認が入るため、他のものが添加されたり、原料を薄めたりということが難しくなり、品質がある程度保証されることになりますので、どれを選んだらいいのか、という時のひとつの指標になると考えています。

 

もちろん、ただただ香りをつけたい、という時には本物の精油を使う必要は無いかもしれません。

しかし、精油をアロマセラピーとして、セルフケアに用いたい場合、本来の「精油」を選ぶ必要があります。

有機物の香りは心身に働きかけ、バランスを整え、心を穏やかにしてくれます。

 

 

midorinoteではオーガニック認証精油または野生種の精油をできる限り使用して調香をしています。

流通・在庫状況や天候などの影響によりオーガニックのものが手に入らない場合については一部、従来農法のものを使用いたしますが、外部の分析機関による成分分析を行い、内容成分を確認・公開しているものを使用しています。

 

手にとってくださった方が、香りを嗅いだ瞬間に、ふっと心安らいだり、明るくなったり、やる気が出たり、幸せを感じたり。

感じ方は様々ですが、少しでも心身のサポートになれるよう、精油を選定・調香してお届けいたします。

 

ACS_0161.JPG  ACS_0158.JPG